実践!女性のための美容&美肌雑学
腹のたるみtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

腹のたるみはなぜ起こる?コレだけは押える!たるみの基礎知識

回りにたるみがあるかないかで、その人のボディーラインは大きく変わって見えます。

おまけに、たるみのない引き締まったお腹は若々しくも見えることから、腹のたるみには人一倍気を使っている!なんて女性も少なくないようです。

そのため、腹のたるみが少しでも気になりだすと、どうしたらたるみが取れるのか・その予防法や対処法を必死になって探し、効果がある(あった)とされる方法を取り合えず試してみる!…なんて経験をお持ちの方もきっと多いはずです。

腹回りのたるみは老化現象のひとつであり、年齢とともにどうしても目立ち始めてきますが、ちょっとした心がけと日頃の行いで、たるみの目立たないスッキリとしたボディーラインを40~50代になってもキープし続けることは可能だといわれています。

そこで、腹のたるみ対策を始める前に、なぜ、お腹周りがたるみ始めるのか、まずはそのメカニズムを押えておきましょう。

腹がたるむ原因を知り、理解しておくことで、たるみ対策にはどのような行為が効果的なのかが見えてくるはずです。
腹がたるむ原因
たるみの原因は皮膚に弾力がなくなったために起こる、いわゆる〝老化現象〟のひとつですが、腹周りのたるみに関しては、概ね30歳前後から目立ち始めるといわれています。

10~20代前半の頃は、特に何の心配もしてこなかった腹のたるみが、30歳を迎える頃になるとしだいに気になりだす、その主な原因は次のようなものです。
腹のたるみを引き起こす主な原因
筋力低下
(筋肉の衰え)
内臓などの臓器を守るため、腹回りは特に皮下脂肪が付きやすいが、日常生活ではあまり使われることのない部位であり、特に意識して筋力を付けていかなければ年齢と共に徐々に衰えて行き、自然とたるみが目立つようになる。
基礎代謝の低下 筋力の低下は概ね30代頃から始まると考えられており、筋力の低下 → 基礎代謝の低下 → 体脂肪の増加を招き、その結果、腹のたるみが目立ち始めるようになる。
コラーゲン不足 ハリのあるみずみずしい肌を維持するために欠かせないタンパク質の一種がコラーゲンであるが、このコラーゲンも加齢と共に徐々に老化する。コラーゲンが老化すると弾力がなくなり(つまり、ハリがない)保湿力等も低下するため肌にシワやたるみが現れやすくなる。40歳前後のコラーゲンの新陳代謝速度は10代の頃に比べると約半分程に低下するとも言われており、コラーゲン不足がたるみの一要因だと考えられている。
また、腹のたるみとは切っても切れない関係にある要素が〝内臓脂肪〟と〝皮下脂肪〟と呼ばれる2つの脂肪です。
腹のたるみに欠かせない要素
内臓脂肪型の特徴 腹筋の内側(腹腔内)に付いており、主に内臓のポジションを保ったり衝撃から守るクッション的な役割を担っている脂肪のひとつ。このように、内臓脂肪には、それなりに重要な役割があるのだが、あまり付きすぎると、ぽっこりと前に突き出たような腹のたるみが目立つようになってしまう。ただし、内臓脂肪は代謝が活発なことから、付きやすく落としやすいといった性質があるため、付きすぎてしまった内臓脂肪は食生活やトレーニングによって落とすことが可能。
皮下脂肪型の特徴 皮下脂肪とは、文字通り皮膚の下に付いてしまった脂肪(表皮・真皮の下にある脂肪細胞)のことで、主にエネルギーの貯蔵と保温の役割を担っている。その役割から、女性にはなくてはならない脂肪(妊娠時に子宮を冷やさず衝撃から守る)であり、男性よりも女性に付きやすいが、あまり付き過ぎると腹のたるみのもとになる(指でつまんで掴めるようなら要注意)。皮下脂肪は内臓脂肪に比べ代謝が悪く、分解されにくい性質があるため、皮下脂肪だけを集中的に燃焼させることは困難。(つまり、内臓脂肪が多いとまずはそちらから燃焼されていく。)
このように、腹がたるんで見える原因は、いくつか考えられますが、これらの条件が揃えば揃うほど、大きくなればなるほど腹のたるみが加速すると考えられています。




女性に最も多く見られる !? 腹たるみの原因とは…

前項ではがたるんでしまう主な原因について触れましたが、男性とは違い女性の場合は、どうしても腹のたるみが目立ってしまう期間があります。

それが〝出産〟をキッカケとしたたるみ(いわゆる、産後太り)です。

女性の体は、出産を期に大きく変わる(シミ、抜け毛、白髪などが増えるのもそのひとつだと言われています)方もいますが、中でも下半身に肉が残ってしまったために、体型が大きく変わってしまったという経験をお持ちの方も少なくないはずです。

そのため、女性は特に出産を期に腹のたるみが目立つようになるケースが多いともいわれていますが、実はこの出産をキッカケに目立ち始めた腹のたるみを解消するのは思いのほか難しいといわれています。
産後のたるみ解消が難しい理由
女性は妊娠することでお腹の皮膚が急激に伸びるため、個人差はあるものの、産後、どうしても腹回りの皮だるみが起こってしまいます。

そのため、体重は戻せても皮だけが余ってしまった・・・といった経験をされる方も多いようですが、このたるみを取るにはそれなりに期間を必要とします(単なる贅肉であれば腹筋などの筋トレが効果ありますが…)。

にもかかわらず、産後は特に子供中心の生活となるため、どうしても自分の時間をもつ余裕がない日々が続いてしまい、腹回りのたるみについては後回しにされてしまいがちです。

しかし、この皮たるみが自然に戻るような体質の方ならよいのですが、そうでないと、そのたるみ周辺部に脂肪がくっついてしまい、さらにたるみを目立たせ戻りにくい体型へと悪化させてしまう恐れもあるようです。
産後に見られる腹のたるみの特徴
チェック 腹のたるみが取れやすい時期は出産後、概ね6ヶ月以内!
チェック 1人目よりも、2人目の出産後の方が腹周りのたるみは取れにくい!
※ 個人差もあるので、必ずしもそうとは限りません。
一般的に、出産による腹のたるみは産後6ヶ月以内に戻すことが望ましいと言われていますが、この期間は特に子供中心の生活となってしまうことが多いため、このような背景から、出産を期に目に付くようになってしまった腹のたるみはなかなか解消しずらいと言われています。



豆知識:腹のたるみには〝脂肪吸引〟が絶大 !?

従来、体の余分な脂肪を除去する手術は、医師がメスで直接脂肪を切り取っていく切開方式が行われていましたが、現在は、この切開方式に代わって脂肪吸引による施術法が主流となっています。

脂肪吸引の代表的な術式にカニューレ吸引法というものがありますが、この術式は皮膚を切開して穴を開け、そこにカニューレとストローのような専用の吸引器具を挿入し、皮下組織にある脂肪を直接吸引することで余分な脂肪を除去していきます。
脂肪吸引の主な利点
チェック余分な脂肪細胞そのものを取り除くため、リバウンドしにくい(太る可能性がなくなったわけではない)!
チェック短時間で除去したい部位の脂肪が除去できる!
チェック従来の切開手術に比べ傷跡が目立ちにくい!
チェック患者への負担が少ない!
脂肪吸引が行われる部位は、主に次のような箇所が挙げられますが、中でも現在、最も多く行われている部位が腹わまりの脂肪吸引だと言われています。
あご 二の腕 おしり ウエスト ふともも ふくらはぎ お腹
出産を経験する女性は特に腹回りに脂肪が付きやすく、ちょっとでも油断していると年齢とともに徐々にたるんできますが、この部位の脂肪は中々落としにくいようです。

そのため、脂肪細胞そのものを取り除く脂肪吸引は、腹回りに付いてしまった余分な脂肪を短時間で確実に取り除くという意味で非常に効果的だと考えられているようです。

また、お風呂で裸になったときなど、特に目に付きやすい部位なので、見た目の醜さがコンプレックスとなり、腹回りの脂肪吸引を希望する患者は少なくないようです。

なお、脂肪吸引は安全背の高い美容外科手術だと言われていますが、外科手術である以上、100%安全というわけではありません。

利点の多い脂肪吸引にもデメリットはあるので、施術を受ける際には、必ず前もって担当の医師からきちんと説明を受け納得した上で行う必要がありそうです。
脂肪吸引のデメリット
チェック担当医師の技量によって仕上がりに差が出やすい!
チェック脂肪吸引そのものよりも麻酔によるトラブルが起こることもある!
チェック術後、内出血が起こる場合もある!
チェック麻酔をするため手術中の痛みは少ないが、術後、1~3週間程度痛みを伴う人もいる!
チェック脂肪層の薄い部位では、効果が実感できないこともある!