おなかたるみ

〜 知ってるようで意外と知らない !? たるみ対策の基礎知識 〜



おなかたるみを効率よく引き締めるコツ [基本 編]
おなかたるみを効率よく引き締めるコツ [実践 編]



おなかのたるみを効率よく引き締めるコツ [基本 編]


食事制限や運動を取り入れているのに、おなかたるみだけは、どうしても取れない……と、ガックリと肩を落とし、半ば諦めモードに入っている人も少なくないのではないでしょうか。

皮膚のたるみも老化現象のひとつなので、年を重ねるとともに、おなか回りのたるみ≠烽る程度は仕方のないことだと諦めもつきそうですが、30代、40代という若さで、おなか回りのたるみ≠ェ目立つようになると、そのショックは相当なものだと思います。

まして、近年は晩婚化が進んでおり、30〜40代に入ってから結婚を考える女性も増えていることから、おなかのたるみ≠ェ30歳を過ぎたあたりから目に付きやすいといわれていることを考えると、それなりに意識してたるみ対策をしておく必要がありそうです。

おなか回りのたるみ≠ヘ、一度付いてしまうと、なかなか取れない…

というのが一般的な認識のようですが、自分のおなかをたるませている原因を知り、適切な対策を行うことで、効率よくたるみを解消し、引き締まったウエストを取り戻すことは、それほど難しいことではありません。

そこで、まずはあなたのおなかをたるませている原因を知ることが大切です。






おなかたるみ≠ニ切っても切れない関係にある要素のひとつとして体脂肪≠ェ挙げられますが、おなか回りに付く体脂肪は、大きく2種類《内臓脂肪》と《皮下脂肪》とに分けることができます。





内臓脂肪型の特徴
皮下脂肪型の特徴
文字通り内臓の回り(腹腔内)に付いている体外からは目で確認することのできない脂肪(確認するには、CTスキャンなどを用いる)であり、主に内臓のポジションをキープしたり衝撃から守るクッション的な役割を担っている。

この内臓脂肪は、筋肉を動かすエネルギー源となるため、体重に対し筋肉が女性よりも多い男性に付きやすいといった特徴がみられる(ぽっこりと前に突き出たような腹のたるみが女性よりも男性に多く目立つのはそのため)。

また、血行のよい内臓回りに付いている脂肪であることから、代謝が活発で蓄積されやすい反面、分解されやすいといった特徴も併せもっている(つまり脂肪は付きやすいが、落としやすくもある)。
皮下脂肪とは、皮膚の下に付いてしまった脂肪(表皮・真皮の下にある脂肪細胞)のことで、内臓脂肪とは違い、体の表面に近い部分に付く脂肪であることから、指でつまむこともできる。

主にエネルギーの貯蔵と保温の役割を担っており、女性にとってなくてはならない脂肪(妊娠時に子宮を冷やさず衝撃から守る)とされ、男性よりも女性に付きやすい性質をもっている。

しかし、皮下脂肪があまり付き過ぎると、体型が洋梨のような形になり、内臓脂肪型とはまた少し違った形で、おなか回りのたるみが目立つようになる。

また、皮下脂肪は内臓脂肪に比べ代謝が悪いため、分解されにくく、脂肪が落としにくいといった特徴がみられる。



女性のおなかたるみ≠形成している体脂肪は、主に皮下脂肪型≠フたるみであり、この皮下脂肪は内臓脂肪に比べ代謝が悪いため、分解されにくい(つまり、脂肪が落としにくい)といった特徴がみられます。

また、通常、体脂肪は筋肉を動かすためのエネルギーとなる内臓脂肪から落ちていくため、皮下脂肪は内臓脂肪がある程度落ちてからでないと取れない(つまり、内臓脂肪が多いと、まずはそちらから燃焼されていくということ(ただし、皮下脂肪がまったく落ちないわけではない))と考えられているようです。

そのため、女性のおなか回りに現れるたるみ≠ヘ、一度付いてしまうとなかなか取れないと言われてしまうのです。




女性のおなか回りに現れやすいたるみは、代謝の悪い皮下脂肪型が多い!
皮下脂肪よりも内臓脂肪から先に燃焼されていくため、皮下脂肪型のたるみが目に見えて取れるようになるには時間がかかる!
皮下脂肪が蓄積されたまま放置されていると、セルライトを形成してしまう(セルライトとは、要は脂肪の塊なので、体重は減ってもボディーサイズだけが変わらない…といった悪循環に陥ってしまう)!
腹筋は日常生活ではあまり使われない筋肉なので、日頃から意識して筋力アップを心がけていないと年齢とともに徐々に衰えてくる!



おなかのたるみを効率よく引き締めるコツ [実践 編]


前項で説明したとおり、女性のおなか回りに一度できてしまったたるみは落としにくいものです。

しかし、だからといってそのおなかのたるみを放っておくと、セルライトなどを形成してしまう恐れもあり、放置すればするほど、たるみの取れにくい体質へと変わってしまうリスクも高まってしまいます。

そこで、おなかたるみを効率よく落とすにはどうすればよいのか?

即効性を求めている女性(短時間で確実におなか回りの体脂肪を除去したいのであれば美容外科などで行っている脂肪吸引【右記:豆知識参考】などを受けるしかありません)が陥りがちな誤解や効果的な解消法について触れておきましょう。




腹筋をすれば、おなかたるみ≠ヘ自然と解消する!などといった話もよく聞きますが、腹筋運動が、直接、体脂肪を減らすわけではありません。

確かにおなかのたるみ¢ホ策に腹筋運動は非常に有効ですが、この筋トレは、脂肪を落とすというよりも、腹筋を鍛え、おなか回りの筋肉(特に重要な腹筋は腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋)をつけることで、脂肪のつきにくい体を作り上げていくことが目的なのです。

したがって、腹筋をしたからといって、みるみるおなか回りが引き締まっていくわけではなく、長期的な取り組みが必要だということです。

※ そのような知識がないために、おなかのたるみ対策として腹筋を始めても、まったく効果がないと勝手に判断(勘違い)して腹筋を止めてしまう女性も少なくありません。




脂肪を取るには激しい運動の方がきっと良いはずだ!と思われがちですが、なか回りのたるみ≠形成している体脂肪≠フ燃焼に効果的な運動は有酸素運動だと言われています。

※ 意外に思うかもしれませんが、普段スポーツをしないような人の息切れしてしまうような激しい運動は長続きしないため、かえって脂肪は燃えてくれません。

この有酸素運動とは、息切れするような激しい運動ではなく、じんわりと汗ばむ程度の運動のことです。

有酸素運動の典型的なものは、ウォーキングやサイクリング、スイミングなどが挙げられますが、特にウォーキングは、走ることが苦手な女性でも、十分、日常生活の一部に散歩≠ニいう形で取り入れることができるはずです。

※ 有酸素運動は20〜30分以上続けることが理想的だと考えられていますが、それよりも短い時間だからといって脂肪が全く燃焼しないわけではありません。おなかのたるみ対策は長期的な運動が功を奏するので、最初は無理をせず、少しずつ運動時間を増やしていくことが3日坊主とならないコツです(人は無理をすると、どうしても精神的な苦痛から逃げたくなるものです)。




近隣の用事(買い物など)は、自動車から自転車移動に変える!
何気なく使ってしまうエレベーター・エスカレーターから階段歩行に変える!
電車を使う場合は1駅手前で下車し、歩いて帰る!



このように、おなかたるみ≠取るための解消法は、なにも特別な行為を新たに日常生活に組み入れなくてはならないというわけではありません。

つまり、取り組むべき行為自体は単純なので、後はあなたのやる気と根気しだいということになります。






■ たるみ対策 豆知識 ■

たるみ解消に効果絶大 !? 脂肪吸引ってなに?


従来、体の余分な脂肪を除去する手術は、医師がメスで直接脂肪を切り取っていく切開方式が行われていましたが、現在は、この切開方式に代わって脂肪吸引による施術法が主流となっています。

脂肪吸引の代表的な術式にカニューレ吸引法というものがありますが、この術式は、皮膚を切開して穴を開け、そこにカニューレと呼ばれるストローのような専用の吸引器具を挿入し、皮下組織にある脂肪を直接吸引することで余分な脂肪を除去していきます。




・従来の切開手術に比べ傷跡が目立ちにくい。

・短時間で除去したい部位の脂肪が除去できる。

・余分な脂肪細胞そのものを取り除くため、リバウンドしにくい。(注意!太る可能性がまったくなくなったわけではない)

・患者への負担が少ない。


脂肪吸引が行われる部位は、主に次のような箇所が挙げられますが、中でも最も多く行われている希望部位がお腹わまりの脂肪吸引だと言われています。


・あご
・二の腕
・お腹
・おしり
・ウエスト
・ふともも
・ふくらはぎ


出産を経験する女性は特に腹回りに脂肪が付きやすく、ちょっとでも油断していると年齢とともに徐々にたるんできますが、この部位の脂肪は中々落としにくいようです。

そのため、脂肪細胞そのものを取り除く脂肪吸引は、腹回りに付いてしまった余分な脂肪を短時間で確実に取り除くという意味で非常に効果的だと考えられています。

また、お風呂で裸になったときなど、特に目に付きやすい部位でもあることから、見た目の醜さがコンプレックスとなり、腹回りの脂肪吸引を希望する患者は少なくないようです。

なお、脂肪吸引は安全性の高い治療だと言われていますが、外科手術である以上、100%安全というわけではありません。

利点の多い脂肪吸引にもデメリットはあるので、施術を受ける際には、必ず前もって担当師からしっかりと説明を受け納得した上で治療に臨む必要がありそうです。




・担当医師の技量によって仕上がりに差が出やすい。

・術後、内出血が起こる場合もある。

・脂肪層の薄い部位では、効果が実感できないこともある。

・脂肪吸引そのものよりも麻酔によるトラブルが起こることもある。

・麻酔をするため手術中の痛みは少ないが、術後、1〜3週間程度痛みを伴う人もいる。













関連記事:顔のたるみ / 目の下のたるみ / 二の腕の脂肪吸引

当サイトのプライバシーポリシー / 実践!女性のための美容・美肌雑学 [HOME] / Yahoo ! Japan TOP