実践!女性のための美容&美肌雑学
目の下のたるみ取りtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

目の下のたるみ取りに欠かせない知識:基礎編

顔の中でも、特に目の下の〝たるみ〟が目立つようになると、それだけで実際の年齢よりも5~10歳は老けて見られがちです。

しかし、目の下という顔の一部にできてしまった〝たるみ〟は、お尻やお腹回りのたるみとは違い、補正下着やゆったりめの服装で隠すというわけにもいきません。

最近は、医療技術の進歩により、メスを極力使わない外科手術によるたるみ取りなども、施術費用が高い割に需要は高いようで、女性の目の下のたるみに対する「取りたい!」という悩みの深刻さが伺えますが、いくら即効性があるとはいえ、専門の医療機関(美容外科など)で目の下のたるみ取りを行うとなると、手術に対する不安や費用面などの問題から、手術を受けるより、即効性は期待できないが、自分でできる解消法を地道にコツコツ続けているという方の方が多いはずです。

目の下のたるみで悩んでいる女性の多くは、「どうしたら解消できるのか?」その〝たるみ〟取りの解決方法のみに飛びつきがちですが、この手の問題を解決するためには、まずその原因やメカニズムを知ることの方が重要だと考えます。

目の下のたるみ画像つまり、闇雲に目の下のたるみ取りを実践するのではなく、その原因を知り、予防策を並行して行うことが大切だということです。

そこで、たるみ取りを効率よく行うために、コレだけは押えておきたい原因について理解を深めておきましょう。
一番の原因は老化!?
そもそも眼球周りには眼窩脂肪と呼ばれる柔らかい特殊な脂肪に取り囲まれているので、脂肪が前の方にせり出てきてもおかしくはないのですが、若いうちは、皮膚のハリと弾力性により、目の下の膨らみはそれほど気になりません。

ところが、年齢とともに、目の下の皮膚は薄くなる傾向があり、筋力(目の周囲をぐるっと取り囲んでいる眼輪筋(がんりんきん)の加齢による衰えが大きい)の低下や弾力性の衰えによって皮膚が弛んでくるため、眼窩脂肪の重さに耐えられず支えることができないために目の下がぷくっと膨らんだように見えてしまう(つまり、たるみとなって現れる)のです。

※ 目の周りの筋力が低下することで眼球を支えきれなくなり、その重みで眼窩脂肪が前にせり出してきます。

つまり、年齢とととも目の下が徐々にたるみ始める一番の元凶は〝老化〟による皮膚の弛緩が大きく影響していると考えられます。

そのため、加齢による眼窩脂肪のせり出しによって形成された目の下のたるみ取りを自分で行うとなると、なかなか難しいため(ただし、日頃の予防策でスピードを遅くすることは可能)、このようなケースにおいては、専門の医療機関で治療を受けなければ、はっきりとたるみが解消したと思えるほどの改善効果は期待できません。




目の下のたるみ取りに欠かせない知識:落とし穴編

前項で説明したように、加齢による眼窩脂肪の膨らみによって形成された目の下たるみ取りを自己ケアで行う場合、非常に難しいものがありますが、なにも〝老化〟が原因のすべてではありません。

意外と知られていませんが、次に挙げるような行為も目の下のたるみを目立ちやすくさせる要因のひとつだと考えられています。
化粧品がたるみを招く !?
女性が使用する化粧品の中には、皮膚に対し伸びがよく、耐水性皮膜を形成させる〝流動パラフィン〟とよばれる成分が多量に配合されているものもありますが、この高濃度の流動パラフィンを、日常的に使用し皮膚に付着し続けていると、その重さで目の下にたるみ癖がつきやすくなることもあるようです。

一般的に、この成分は油分の多い化粧品に含まれているので、目の下のたるみが気になりだした方は、化粧品に含まれている成分にも着目した方がよさそうです。
紫外線による皮膚組織の破壊
ハリのあるみずみずしい肌を維持するために欠かせないタンパク質の一種が〝コラーゲン〟ですが、紫外線を浴びると体内の活性酸素が発生し、真皮層にあるコラーゲン線維がダメージを受けます。

紫外線によりコラーゲンが破壊された肌は、弾力がなくなり保湿力等も低下(つまり、老化現象が早まる)するため、その結果、シワやたるみが現れやすくなるといわれています。
体質によってたるみやすい人もいる !?
老化現象と同じく、目の下のたるみ取りが個人ではどうにもならない原因のひとつと考えられているのが〝体質〟によるたるみです。

具体的には、眼球が人よりも大きかったり、眼窩脂肪の量が多い人などは、通常の人に比べて目の下がたるみやすい傾向にあるようです。

また、寒冷地で暮らす民族などは、目の周りにも脂肪がつきやすいといった特徴が見られますが、目の下の皮膚が比較的薄い日本人の目の周りに脂肪が多く付き過ぎると、たるみが目立ってしまうというケースも中にはあるようです。



豆知識:目の下のたるみ対策に有効な化粧品とは…

目元は年齢の出やすい部位なので、シワやたるみなどが目立つと実年齢以上に老けて見えることから、化粧品には特に気を使っているという女性も多いかと思われます。

しかし、普段、何気なく使用している化粧品の中には、肌に対し刺激性の強い合成化学物質を多量に含んだ商品も多く見られ、知らず知らずのうちにシワやたるみを悪化させてしまっていることもあるので注意が必要です。

そこで、目の下のたるみ改善に有効とされる化粧品とは、いったいどんなものなのか、少しまとめておきましょう。
主な有効成分

・コラーゲン矢印皮膚にハリを与える

・ヒアルロン酸矢印真皮の水分保持

・セラミド矢印肌を保護するバリア機能
特に最近は、目の下のたるみケア化粧品としてセラミドの効果が注目されているようで、セラミドをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された保湿力の高い化粧品を使うことで目のたるみ改善につながると考えられています(もちろん、個人差もありますが…)。
セラミドとは…

セラミドとは、皮膚の角質層の細胞と細胞の間にある脂質の約半分を占めるスフィンゴ脂質であり、外界からの刺激(乾燥やほこり、紫外線等)から肌を守り、表皮の健康を保つバリア機能を備えた成分。
セラミドもコラーゲンなどと同じく、年齢と共に少しずつ減少していくため、肌荒れや乾燥肌を招く原因にもなりやすく、たるみを形成するもとにもなりやすいようです。