実践!女性のための美容&美肌雑学
頬の脂肪吸引top
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

知ってるようで意外と知らない頬の脂肪吸引【常識・落とし穴】

近年の小顔ブームの影響もあってか、顔の大きさやぽっちゃりとした下膨れた顔に悩む女性の間では、その解消策のひとつとして脂肪吸引が注目を集めているようです。

しかし、頬(顔)の脂肪吸引は、お腹や太ももなどの脂肪吸引とは違い、若干、異なるリスクがあるといわれています。

そこで、頬の脂肪吸引を考えている方が治療を受ける前に、コレだけは押えておいてほしい基礎知識と落とし穴についてまとめておくので参考にしてみてください。
脂肪吸引を受ける一番のメリットとは?
脂肪吸引は、体内に蓄積された余分な脂肪(皮下脂肪)を、特殊な吸引管で強制的に直接取り出すため、頬に限らず、自分が細くしたいと思っている部位の脂肪を短期間で確実に取ることができます。

つまり、脂肪吸引の良いところは、通常のダイエットや食事制限では行えない〝部分痩せ〟が実現できる点にありますが、実はこの脂肪吸引には部分痩せ以外にもうひとつ大きな特徴があります。

それが、リバウンドの起こりにくい体質に作り変えるという点です。

これはどういうことかというと、通常のダイエットや食事制限で痩せるという行為は、肥大した脂肪細胞を小さくするだけで、脂肪細胞そのものの数を減らすわけではありません。

※ 人間の体内に存在する脂肪細胞は、思春期前まで分裂し続けますが、人工的に除去しないかぎり、その数を減らすことはできません。

脂肪吸引手術のイメージ

そのため、油断(運動不足や過食)していると、一時的に小さく萎んだ脂肪細胞が再び大きくなるため、元の体型(あるいはダイエット前以上に太る)に戻ってしまう、いわゆるリバウンド現象が起こります。

ところが、脂肪吸引では、この脂肪細胞そのものの数を減らしてしまうため、脂肪吸引を受けることで太りにくい体質に作り変えることができるのです(ただし、絶対に太らない!というわけではないので、暴飲暴食と続けていると、再度、太ってしまうことも考えられます)。
頬の脂肪吸引の問題点
そもそも脂肪吸引とは、体内に蓄積された余分な脂肪を除去することでサイズダウンを図る痩身術なので、痩せたい部位にある程度余分な皮下脂肪がなければ治療効果は期待できません。

顔が大きく見えたり、ぼっちゃりと見えてしまう原因は、いくつか考えられますが、顔の輪郭を形成する主要素は、脂肪と骨格、筋肉によって決まってくるので、小顔目的で顔の脂肪吸引を受けられる方は、頬の脂肪吸引を行うことでどの程度の変化が見られるのか、事前に医師からしっかりと説明を受けておかないと、後々、トラブルになることも考えられます。
脂肪 脂肪吸引の効果が期待できる! 頬は顔の中でも、比較的脂肪の付きやすい部位ではあるが、お腹回りや太ももに比べて範囲が狭く吸引できる脂肪量も少ないため、大きな変化が見られないことも…
骨格 脂肪が原因ではないため、脂肪吸引による小顔効果は期待できない… 骨削り法(骨自体を直接削る)
筋肉 ボトックス注入法(筋肉の収縮を抑えることで、徐々に筋肉が小さくなるため小顔効果が期待できる)
また、顔(頬やアゴ)の脂肪吸引は、他の部位(二の腕/お腹/太ももなど)の脂肪吸引に比べ、術後の腫れが目立ちやすいといった特徴が見られるほか、次のようなデメリットがあるといわれているので、これらのリスクを含めて頬の脂肪吸引を行うかどうかじっくりと検討してみることが大切です。
頬の脂肪吸引で起こりうる主なリス
チェック体に比べ、頬の脂肪吸引は術後に腫れやすく引きにくい!
チェック吸引できる脂肪量が少量のため、必ずしも大きな変化があるとは限らない!
チェック体の脂肪吸引に比べ、術後にできた肌の凹凸は改善されにくい!


コレだけは押える!頬の脂肪吸引【治療編】

脂肪吸引は体の脂肪吸引とは異なり、術後、服で隠すことができないため、どのようにして体内の脂肪を取り出すのか? 吸引時に痛みはないのか? 傷跡は残らないのか?…など、とても気になるところだと思います。

そこで、頬の脂肪吸引がどのようにして行われるのか、気になるその治療内容について軽く触れておくことにしましょう。
術中の痛みは少ないが…
カニューレ脂肪吸引では、カニューレと呼ばれる特殊な吸引管を皮膚に挿入することで余分な脂肪を直接摂取していきますが、吸引したい部分に局所麻酔を行うため、術中の痛みに関してはほとんど感じないようです。

※ ただし、術後、麻酔が切れた頃から痛み(痛みの程度は吸引した脂肪量や執刀医の技量、部位によって異なる)を感じはじめる方が多いようです。

ただし、頬(顔)は、他の部位に比べ、脂肪の厚みが薄く、吸引範囲も狭いため、局所麻酔を多めにするクリニックも少なくないようで、その分、術後の腫れが大きくなる傾向にあるようです。
傷跡は目立たない?
通常、頬の脂肪吸引を行う際には、耳たぶの裏を数ミリほど切開(注射針で穴を開ける…あるいは、口の中の頬の裏側部分を切開する術式もあります)し、その切開口から極細のカニューレを挿入します。

そのため、頬の脂肪吸引では顔の表面に目立った傷跡が残るということはありません。