実践!女性のための美容&美肌雑学
二の腕のセルライトtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

コレだけは押える!二の腕についたセルライトの正体

自分ではなかなか気付きにくいき部分ですが、二の腕についた必要以上の脂肪やセルライトは、腕を振るたびにタプタプと揺れ動くため、傍から見るとだらしなく見え、かつ、全体的に太った印象を与えてしまいます。

二の腕の画像そのため、女性にとって特に見た目が気になる部位のひとつとして挙げられる二の腕ですが、一旦、二の腕についたセルライトは、通常のダイエットやカロリー制限だけでは落としにくく、セルライト向けの対策や解消法が必要になってくるといった話もよく耳にします。

そこで、二の腕についたセルライトが、なぜ落としにくいと言われているのか・・・

そもそも、セルライトとはいった何なのか? そのあたりの仕組みや知識についてまとめておきましょう。
セルライトってなに !?
そもそもセルライトとは、フランス語の「cellule(細胞)」と「ite(鉱物)」を意味する単語が合わさって作られた造語で、医学的には〝セルライト〟という専門用語は存在しません。

そのため、セルライトと皮下脂肪を区別して考える必要はないと主張する説もありますが、ここでは美容業界で頻繁に使われている〝セルライト〟とは何なのかについてまとめてみましょう。

セルライトが形成される仕組みについては諸説あります。

そのメカニズムが十分に解明されているわけではありませんが、主に下記に挙げるような理由が原因で形成されると考えられており、一般的には、体外に排出されず身体の中に残った余分な水分や老廃物が脂肪細胞と一緒になって肥大化した、いわば〝脂肪の塊〟と考えられているようです。
セルライトが形成される原因とメカニズム
老廃物・水分説 細胞のエネルギー代謝の際に生まれた余分な老廃物(燃えカスなど)や水分が、うまく体外に排出されなかったため、体内に蓄積した老廃物等が行き場を失い、脂肪細胞の周りに絡み付いて肥大化したもの…
脂肪細胞同士の結合 肥大化した脂肪細胞により血管が圧迫され、さらに血行不良を招いた結果、脂肪細胞同士が癒着してできた大きな塊
コラーゲン 新陳代謝の促進に欠かせない体内のコラーゲンは、エデマ(血管から漏れ出で溜まった血漿)によって破壊されると脂肪細胞の肥大化と変形を招く。ところが、コラーゲン自体は再生するため、エデマによって破壊されたコラーゲンを補おうとコラーゲンの異常増殖が始まり、その結果、変形した脂肪細胞と増殖したコラーゲンとがガチガチに固められセルライトが形成される
リンパ液の固まり 体内を流れるリンパ循環の悪化により、リンパ液が脂肪細胞の周りに吸着し固まったもの
二の腕のセルライトが落としにくい理由
二の腕は脂肪層が薄く、筋肉の占める割合が多いため、比較的脂肪の付きにくい部位のようですが、次のような原因が積み重なっていくと、二の腕は次第に太くたるんでくるとする説があります。
筋力の衰え 新陳代謝機能の低下
二の腕のタプタプ・ブヨブヨ感は、腕の外側にある上腕三頭筋(力こぶの裏側)と呼ばれる筋肉が深く関係している。現代人は特に、この上腕三頭筋を使う機会が減ってきているため、年齢とともに筋力が低下してくると、余分な脂肪が付きやすくなると考えられている 二の腕の筋肉に対し脂肪の割合が増えていくと、新陳代謝機能も低下するため、脂肪過多の状態が続き、より脂肪の落としにくいセルライトが形成されてしまう。(セルライトとは脂肪細胞の周りに老廃物などが付着し肥大化した脂肪の塊のことで、一旦、形成されると体重は減ってもボディサイズだけは変わらないといった悪循環に陥ってしまう)
つまり、二の腕についたセルライトは、体内の循環機能や代謝の低下が大きく影響しているのだから、この機能を回復しないことには、いくらダイエットやカロリー制限を心がけても、なかなか解消されないと考えられているようです。



実践!二の腕についたセルライト解消法

二の腕についたセルライトは、脂肪吸引やメソセラピーをはじめとした専門クリニックでの治療が有効だと言われていますが、これらの治療法は、費用やリスクも高く、なかなか手が出せないというのが現状のようです。

そこで注目されているのが、市販グッズを使ったセルライトケアです。

最近はゲルマニウムをはじめ、超音波やマイナスイオンといったセルライトに効果があるとされる様々なタイプの市販グッズが手頃な価格で販売されており、愛用者も多いようなので、二の腕についたセルライトの解消に効果が期待できるとした定番グッズを紹介しておくので、興味のある方は参考にしてみてください。
半導体ビューティーローラーツイン
従来、脂肪やセルライトに対するマッサージの痩身効果に関しては、医学的根拠が乏しいなどの理由から、その有効性に否定的な意見も少なくありませんでしたが、血液循環を促し代謝を活発させると、マッサージにも一定の効果が期待できることが解ってきたようです。

そこで、半導体ビューティーローラーツインでは、その点に着目し、具体的には下記に示す3つの作用による相乗効果によって代謝の活性化を試みています。

半導体ビューティーローラーツインは、二の腕についたセルライトに対し、ローラーを回転させながらマッサージしていくだけなので、その点が自宅で手軽に行える定番グッズとして支持されているのかも知れません。
3つの相乗効果
ローリング
マッサージ機能
ローラー部分から発生する一定の振動波を表皮に当て続けることで、脂肪層の揉み出しに最適なマッサージ効果が得られる。
半導体による
マイナス帯電
200ミリボルトのマイナス電位を帯電した半導体により、今まで刺激されにくかった深部の脂肪や蓄積されていた脂肪にまで揉み出し効果が得られる。
マイナスイオン

遠赤外線効果
トルマリンによって発生するマイナスイオン効果で、落としにくいセルライトの原因と考えられているプラス・マイナスイオンの不整列や乱れを整える。また、コスモタイトによる遠赤外線効果で、皮下組織の深部に刺激を伝え、血行を良くする。
二の腕についたセルライトケアに専用の機器を利用する一番のメリットは、誰が行っても同様のマッサージ効果が期待できる点にあるので、興味のある方は、この手の市販グッズを利用してみるのも一法かもしれません。