実践!女性のための美容&美肌雑学
膝の黒ずみtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

コレだけは押える!膝の黒ずみ 基礎知識

膝の黒ずみが気になりだしてからは、スカートなど足を露出させるような格好ができなくなったという女性は意外と多いようです。

膝がしら画像そのため、同じような悩みを抱えている女性の間では「膝の黒ずみには●●がいいらしい…」といった様々な解消法がネット上で飛び交っていますが、中には誤った方法で、かえって黒ずみを悪化させている方もいるようです。

そこで、膝の黒ずみが気になってしょうがない!と思い悩んでいる方は、誤ったケアを行わないためにも、まずは、その黒ずみの原因を知ることが大切です。
膝が黒ずんでくるのはなぜ !?
膝が黒ずんで見える原因はいくつか考えられますが、そのほとんどは《角質の蓄積》と《色素沈着》によるものだと言われています。
膝が黒ずんで見える主な原因
角質の蓄積 色素沈着
もともと膝は内側の骨を守るなどの理由から皮膚は厚いが、日常的に刺激(摩擦や圧迫…等)を受けやすい部位でもあり、古くなった角質がたまりやすい。そのため、皮膚の角質層が徐々に固くなり厚みをもってくるため、肌の色が濃く見えてしまうことがある。 皮膚は外部から様々な刺激(紫外線や摩擦、圧迫、炎症など)を受けると、表皮最下部のメラノサイトと呼ばれる細胞でメラニン色素が生成され皮膚を守ろうとする。ところが、このメラニン色素が過剰に作られると表皮に蓄積されてしまい黒ずんで見えるようになる。
つまり、体質なども関係してくるので、程度の差はありますが、慢性的な刺激(摩擦、圧迫、紫外線など)が加えられることによって、膝の黒ずみが増してくるというわけです。

知ってるようで意外と知らない !? 膝の黒ずみ対策

前項でも説明したとおり、慢性的な摩擦や圧迫が黒ずみを作る主な原因と考えられます。

そのため、黒ずみを無くそうと足のかかとの角質を落とすように軽石でゴシゴシ強く擦ったり、刺激の強いナイロン製のタオル等で、入浴中、膝を重点的に洗っている方は、知らす知らずのうちに必要以上の刺激を与えてしまっている恐れがあるため、考えを改めた方が良さそうです。

では、膝の黒ずみにはどのようなケアがよいのでしょう。

そこで、最近注目されている膝の黒ずみによいといわれている対策法を、下記に2つほど紹介しておくので、興味のある方は参考にしてみてください。
尿素
角質の蓄積が膝の黒ずみを目立たせる一要因であるということは、古くなった角質を取り除いてやることができれば黒ずみも薄くなるということになります。

そこで、最近注目されている成分のひとつが〝尿素〟です。

尿素には体内の水分を角質層に取り込み、厚く固くなった余分な角質を取り除く作用があることから、即効性はありませんが、尿素配合クリームなどを、気になる膝の黒ずみに塗り続けることで、次第に黒ずみが薄くなることもあるようです(ただし、完全に無くなる!という過剰な期待は抱かない方がよい)。

また、黒ずみケアに欠かせないとされる保湿効果も尿素にはあるので、自宅で手軽に行える黒ずみケアとしては、一度、試してみる価値はあるのかもしれません。
ハイドロキノン
膝の黒ずみは《色素沈着》が大きく影響しているとする説が有力ですが、その色素沈着の改善に有効とされる成分が〝ハイドロキノン〟です。

ハイドロキノンには、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減らす作用があるといわれています。

そのため、ハイドロキノンを気になる膝の黒ずみに塗布することで、色素沈着は徐々に薄くなると考えられていますが、ハイドロキノンは強力な漂白効果があるため、使用方法や使用量を誤ると、肌の一部だけが真っ白になってしまう恐れがあるので扱いには注意が必要です。

※ ただし、医師が処方するものに比べ、市販のハイドロキノン配合製品は濃度が抑えられています。

最近は日本国内でもハイドロキノン配合の市販化粧品が増えているので、症状によっては尿素系クリームよりも、ハイドロキノン配合クリームの方を試してみた方がよいかもしれません。

※ ハイドロキノンには強力な漂白効果が認められていますが、市販製品に配合されているハイドロキノンは濃度が低いため、過度な美白効果は期待しないようにしましょう。



豆知識:黒ずみ治療に有効 !? ケミカルピーリングとは…

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に特殊な薬剤を塗布し、古くなった角質や表皮、毛穴に詰まった老廃物等を溶かし、強制的に肌の再生を促す治療法です。

ケミカルピーリング治療で用いる薬剤は、主に以下に挙げたような酸で患者の肌質や症状に合わせて、最も安全で効果的な酸の種類、濃度、塗布時間を選択することがとても重要になってきます。
主な酸の種類
AHA 国内のピーリング治療で最も広く利用されている酸の総称。主にグリコール酸や乳酸、リンゴ酸 …等
サリチル酸 角質剥離作用があるが、刺激が強い!
トリクロール酸 深いピーリングが可能であり、シワなどにも有効!
このピーリング治療には、皮膚の新陳代謝を促し、コラーゲンの生成を促進する作用があることから、色素沈着に対して一定の効果が期待できると考えられています。

ただし、医療機関におけるピーリング治療は、半ば強制的に肌の再生を促す治療法なので、治療後は、一時的に肌の保湿力が低下し、敏感肌や乾燥肌になりやすい状態にあるため、紫外線対策はもちろん、十分なスキンケア対策を施さなければ、新たな肌トラブルを引き起こす恐れがあるので注意が必要です。
主なピーリング効果
チェック古い角質を除去し、新しい細胞の生産を促すことでターンオーバーを正常刺させる!
チェック新陳代謝の促進とコラーゲンの生成によりシミを薄くし、シワや肌のたるみに対して一定の効果が期待できる!