実践!女性のための美容&美肌雑学
陰部の黒ずみtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

コレだけは押える!陰部の黒ずみ【基礎知識】

普段、人の目に触れる機会が少なく判断しづらいせいか、自分の性器の色は他人よりも濃い気がする・・・と陰部の黒ずみが気になって仕方がないという女性は意外と多いようです。

また、女性心理として、陰部が黒ずんでいると何となく不潔に見え、男の人にも嫌がられるのではないかと不安に感じてしまう方もおり、陰部の色(黒ずみ)に強いコンプレックスを持っている女性は少なくありませんが、悩みの内容が内容だけに、恥ずかしくてとても人に相談できるような問題ではないというのが本音のようです。

しかし、性器周辺部の皮膚は非常にデリケートなだけに、誤ったケアを繰り返していると、かえって黒ずみを目立たせてしまったり、新たな肌トラブルを引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

そこで、自分の陰部は他人よりも黒ずみが激しいのでは?と思い悩んでいる方は、まず、なぜ陰部が黒ずんで見えるのか、そのあたりの仕組みや原因を理解した上で、どのようなケアが有効であるのかを考える必要がありそうです。
黒ずみの原因
性経験豊富な人ほど陰部の黒ずみは目立つといった話もありますが、そこに医学的・科学的根拠はなく、あくまで都市伝説の域を出ません。

それでは、いったいなぜ陰部が黒ずんで見えるのでしょう。

その原因はいくつか考えられますが、陰部(性器)の黒ずみに関しては、特にホルモンの影響や体質が大きいのではないかとする説が有力です。
矢印加齢・妊娠等によるホルモンバランスの変化により、体内で生成されたメラニン(←表皮最下部のメラノサイトと呼ばれる細胞で作られる)が増加すると、色素沈着を起こしやすいため、陰部が黒ずんで見えるようになる。

矢印皮膚の黒ずみはメラニン色素の沈着によってもたらされる現象のひとつであることから、黒人のように、もともと皮膚にメラニンが大量にある人種は、陰部も黒くなり、白人のようにメラニンが少ない人種は、陰部の黒ずみも薄くなる傾向が見られる。(つまり、白人 → 黄色人種 → 黒人の順に陰部は黒くなる傾向が強い)
ちなみに、陰部の場合、色素沈着は大陰唇よりも小陰唇に起こりやすい傾向が見られるため、小陰唇の黒ずみに悩んでいる方は、程度の差こそあれ、あなたと同じように多くの日本人女性が色素沈着を起しているはずであり、必要以上に気にすることはありません。
黒ずみの一要因と考えられる事項
摩擦 炎症
ファッション性重視の下着は、摩擦の起こりやすい素材が使用されていることも少なくないが、皮膚は外部から様々な刺激を受けると、メラノサイトでメラニン色素が生成され皮膚を守ろう働く。 生理用品等を交換せず長時間使用し続けていると、細菌の繁殖やムレにより、陰部が炎症を起こしやすく、黒ずみの原因にもなる。



陰部の黒ずみケア:その効果と落とし穴

日本人である以上、陰部の黒ずみは、程度の差こそあれ、大人(あるいは妊娠経験)になれば、大半の方が気になる現象のひとつではありますが、できることなら少しでも薄くしたい!と思っている女性は多いはずです。

※ 体質により、生まれつき黒っぽく見える方もいます。

前項でも説明したとおり、陰部の黒ずみは〝メラニン〟の色素沈着が、その主な原因と考えられているため、陰部の黒ずみを解消するには、まず、この色素沈着をどうにかしなければなりませんが、冒頭でも触れたとおり、現在の医学では、皮膚の黒ずみを確実に解消する特効薬や治療法はいまだ確立されていません。

しかし、黒ずみをある程度薄くする方法はあるようなので、その主な治療法を2つほど紹介しておきます。
小陰唇縮小手術
陰部の黒ずみは、特に小陰唇の外側に起こりやすいため、場合によっては、外科手術により直接切除してしまうことで、黒ずみを目立ちにくくさせる効果がみられることもあります。

ただし、この手術は術後の痛みや変形といった後遺症に悩まされる人もいることから、単に黒ずみが気になるという理由だけで手術に望むというのも疑問が残るところです。
ハイドロキノン
外科手術に比べてリスクの少ない治療法が、ハイドロキノン配合の塗り薬を使った陰部の黒ずみケアです。

ハイドロキノンには、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減らす作用がある(既にできてしまったメラニンを除去するわけではありません )ことから、このハイドロキノンを気になる黒ずみに塗布することで、徐々に色素沈着を薄くしていきます(ただし、即効性はない)。

※ 通常、皮膚の黒ずみケアにはハイドロキノンの皮膚への浸透を高めるトレチノインを併用しますが、粘膜近くのデリケートな陰部周辺にトレチノインを使用するのは危険だとされています。

しかし、ハイドロキノンは強力な漂白効果があるため、濃度の高い薬品を使用する場合、使用方法や用量を誤ると、肌の一部だけが真っ白になってしまう(白斑)恐れがあるので扱いには注意が必要です。

※ ハイドロキノンを肌に使用する際には、必ず医師の指導に従うようにして下さい。

豆知識:黒ずみケアグッズ

自宅で簡単に行える黒ずみケアを目的とした化粧品や医薬部外品は数多くありますが、参考までに、その主なアイテムをひとつ紹介(おススメ!というわけではありません)しておきましょう。

いずれにせよ、市販のケア商品の効果は個人差が大きいようで、万人に効く特効薬はない!というのが現状なので過度の期待は禁物ですが、肌の黒ずみで悩んでいるという方は、一度この手の商品を検討してみるのもよいかもしれません。