実践!女性のための美容&美肌雑学
ひじの黒ずみtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

知ってるようで意外と知らない !? ひじの黒ずみ 基礎知識

ひじ黒ずみは、脇やデリケートゾーンとは違って、異性には特に見られたくない!といった恥ずかしい感情は、比較的、起こりにくい部位です。

しかし、ひじは人の目に触れる機会も多いだけに、黒ずみがやけに目立つようだと、女性の場合は周囲の目が気になり、強いコンプレックスとなっている方もいるようです。

そのため、ひじの黒ずみケアは毎日欠かせない!という方も少なくありませんが、誤ったケアを繰り返していると、かえって症状を悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

そこで、なぜひじが黒ずんでくるのか、まずは、そのあたりの仕組みや原因について理解しておくことが大切です。
ひじが黒ずむ理由
中には生まれつき〝ひじ〟が黒ずんで見えるという方もいますが、ひじの黒ずみは主に《角質の蓄積》と《色素沈着》の2原因が深く影響していると考えられています。
肘が黒ずんで見える主な原因
角質の蓄積 色素沈着
もともとひじは内側の軟骨組織や血管を守るなどの理由から皮膚は厚く、日常的に刺激(摩擦や圧迫…等)を受けやすい部位なので、古くなった角質がたまりやすい。そのため、皮膚の角質層が徐々に固く厚みをもってくる(角質肥厚)ため、肌の色が濃く見えてしまうことがある… 皮膚は外部から様々な刺激(紫外線や摩擦、圧迫、炎症など)を受けると、表皮最下部のメラノサイトと呼ばれる細胞でメラニン色素が生成され皮膚を守ろうする。ところが、このメラニン色素が過剰に作られると表皮に蓄積されてしまい黒ずんで見えるようになる…
ひじは特に慢性的な刺激(摩擦、圧迫、紫外線など)が加えられやすい部位なので、どうしても黒ずみが徐々に目立ってきてしまう方(体質なども関係してくるため、黒ずみの程度は個人差があります)もいるようです。

コレだけは押える!症状を悪化させないためのひじの黒ずみケア

ひじの黒ずみ(生まれつきは除く)は、そのほとんどが日常的な摩擦や圧迫が繰り返されることで起こる肌トラブルと考えられることから、黒ずみを少しでも薄くするには、たた闇雲にケアを行うのではなく、角質の蓄積とメラニンの色素沈着、この2点を考慮したケアが前提となってきそうです。

したがって、軽石でゴシゴシ擦ったり、刺激の強いナイロン製のタオル等で、入浴中、ひじを重点的に洗っているような方は、かえって肌にダメージを与え症状を悪化させてしまっていることも考えられるので、身に覚えのある方は考えを改めた方が良さそうです。

では、ひじの黒ずみには、いったいどのようなケアがよいのでしょう。

そこで、黒ずみケアによいとされる自宅でできる定番の解消法を2つほど紹介しておくので、興味のある方は参考にしてみてください。
プリティー 角質除去クリーム
ひじや膝など、比較的、皮膚の固い部位に蓄積した汚れや余分な角質除去を目的としたケア製品が『プリティー 角質除去クリーム』です。

肌の黒ずみケアには、スクラブ粒子入りの製品が有効という意見もあってか、本製品は比較的愛用者も多いようです。

しかし、成分表を見るかぎり、特にこれといって即効性のありそうな成分は配合されていないので、あまり劇的な効果は期待できないと理解しておいた方がよさそうです。
ハイドロキノン
ひじの黒ずみはメラニンの〝色素沈着〟が大きく影響していると言いましたが、その色素沈着対策を目的とした成分のひとつが〝ハイドロキノン〟です。

ハイドロキノンにはメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減らす作用があるといわれていることから、気になる黒ずみに塗布することで、色素沈着は徐々に薄くなると考えられているようです。

ただし、ハイドロキノンは強力な漂白効果があるため、使用量や使用方法を誤ると、肌の一部だけが真っ白になってしまう(白斑)恐れがあるので扱いには注意が必要です。

最近は、日本国内でもハイドロキノン配合の市販化粧品が増えているので、症状によっては、ハイドロキノン配合クリームの方を検討してみるのもよいかもしれません。

※ ただし、市販製品はハイドロキノンの濃度が低いため、劇的な美白効果は期待しない方がよい!



豆知識:肌の黒ずみには尿素が有効 !?

角質の蓄積が肌の黒ずみを目立たせる一要因であるということは、古くなった角質を取り除いてやることができれば黒ずみも薄くなる…と考えることができます。

そこで、最近注目されている黒ずみ対策成分のひとつが〝尿素〟です。

尿素には、体内の水分を角質層に取り込み、厚く固くなった余分な角質を取り除く作用があるといわれています。

そのため、即効性はありませんが、尿素配合クリームなどを気になる肌の黒ずみに塗り続けることで、次第に黒ずみが薄くなると考えられているようです。

ただし、完全に無くなる!という過剰な期待は抱かない方がよいでしょう。

また、黒ずみケアに欠かせないとされる保湿効果も尿素にはあるので、自宅で手軽に行える黒ずみケアとしては、尿素配合クリームで取り合えず様子を見てみるというのも、一度、試してみる価値はあるのかもしれません。