実践!女性のための美容&美肌雑学
歯茎の黒ずみtop
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

知らないと怖い !? 歯茎の黒ずみ 基礎知識

歯茎の色の写真本来、健康な人の歯茎は【画像:上】に見られるような綺麗な薄ピンク色をしていますが、近年、歯茎黒ずみで悩む女性が増えているようです。

歯茎の黒ずみは、肌の黒ずみとは違って、そのまま放置していると、場合によっては黒ずみ以外の新たな問題を引き起こす恐れもあるため、なぜ歯茎が黒ずんでしまったのか・・・その原因を知ることが重要になってきます。

そこで、取り返しのつかない深刻なトラブルに直面しないためにも、まずは歯茎が黒ずんでくる仕組みや原因について理解を深めておく必要がありそうです。
歯茎が黒ずんでくるのはなぜ !?
歯茎の色は個人差もあるので、生まれつき黒っぽく見えてしまう人もいますが、子供の頃はそうでもなかったのに気がついたら黒ずんでいた・・・という方の歯茎の黒ずみは、主に次ような原因が考えられます。
歯茎が黒ずんで見える主な原因
喫煙 タバコに含まれる有害物質(特にタール、ニコチン、一酸化炭素)の影響による黒ずみ(煙の中に含まれるタールが長期間に渡って歯茎に付着し染み込んでいった結果、黒ずんで見えるようになる。また、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素は血管を収縮させ酸素を奪うため、血流障害を招きやすく、口の中の粘膜や歯を支える組織(細胞の新生を妨げる)に悪影響を与えた結果、赤黒く見えることがある)。
差し歯

被せ物
虫歯治療等の際に使用される被せ物の裏側に土台として取り付けた金属が、健康保険適用の銀や亜鉛などを主成分とした銀合金を使用すると、強度が弱く酸化・腐食しやすいため、長期間、歯茎に接触し続けた結果、銀合金の成分が少しづつ溶け出し歯茎に蓄積してしまうために黒ずんで見えることがある。また、差し歯の内側に使われている金属が透けて見えてしまうことによって、歯と歯茎の境目付近が黒ずんで見えることもある。
歯周病 歯周病には大きく2つ「歯肉炎」と「歯周炎」に分けることができるが、歯周病の人の歯茎は腫れや赤みを帯びていることが多く、症状が進行していくと歯茎の色も、次第に赤紫や黒ずんで見えることがある。
特に最近、女性の間で歯茎の黒ずみが目立ってきている理由のひとつは、若いうちからタバコを吸い続けた結果による色素沈着が大きく影響していると考えられます。

※ 一般的に喫煙による黒ずみは、歯茎全体が黒ずんで見え、差し歯や被せ物を原因とした黒ずみは歯と歯茎の境目が黒っぽく変色して見えます。

また、意外と知られていませんが、タバコの有害物質を原因とした歯茎の黒ずみは、なにも喫煙者本人だけに降りかかる問題とは限りません。

火のついた先から発せられる副流煙によっても黒ずんでしまうことがあるので、幼い子供の歯茎が最近黒ずんで見えるという場合は、親の喫煙をキッカケとした受動喫煙による黒ずみであることも疑ってみる余地がありそうです。

知っ得!症状を悪化させないための歯茎の黒ずみ対策

気がついたら黒ずんでいた・・・という歯茎の黒ずみは、先に説明したとおり、主に3つの原因が大きく影響していると考えられます。

したがって、歯茎の黒ずみを解消するには、いったい何を原因とした黒ずみなのかを把握した上で治療を行うことが大切です。

そこで、参考までに、原因別にみた歯茎の黒ずみケアを紹介しておきますが、素人目で判断し、自己ケアを続けていると、場合によってはかえって症状が悪化(特に歯周病などは症状が悪化すると怖い!→ 詳しくは右記:豆知識参考)してしまう場合もあるので、最近、歯茎の黒ずみが気になってきたという方は、一度、専門医に診てもらい適切な治療法を受けた方が賢明です。
歯茎の黒ずみケア(治療例)
喫煙 喫煙を原因をした黒ずみは、大きく2種類の治療法が考えられる。
治療法1:
医療(歯科)用レーザーを照射することによって沈着したメラニン色素だけを除去する方法。比較的、痛みは少なく治療時間も短い。
治療法2:
歯茎にアルコール系薬品を塗布することで、表面のメラニン色素だけを除去する方法。メラニン色素を取り除くフェノール液等の作用を利用することで、痛みを伴わない治療が行えるが、症状が重い場合は、数回の治療が必要であったり、効果が少ないケースもみられる。
差し歯

被せ物
差し歯や被せ物に使用されている金属成分に問題があると考えられるため、一般的には酸化・腐食しやすい銀合金をやめ、非金属性のセラミック等に交換することで黒ずみの症状悪化を抑える。ただし、セラミック等の治療物は健康保険適用外なので、治療費は高くなる。
歯周病 歯周病を原因とした歯茎の黒ずみは、主に次のような治療法がとられる。
・スケーラーによる歯垢・歯石除去(洗浄)
・噛み合せの調整
・詰め物の再治療
・抗真菌剤等の薬を使った治療
・外科手術(歯茎を開く手術、インプラント治療 …など)


豆知識:歯周病は怖い !?

歯周病には大きく2つ「歯肉炎」と「歯周炎」に分けることができますが、軽度の症状も含めると、40歳以降の成人は、10人中、7~8人が「歯周病」にかかっていると言われています。

また、初期の歯周病にあっては、自覚症状がほとんどないことから、知らず知らずのうちに症状が進行しているという人も少なくありません。

しかし、この歯周病という歯の病気は実はとても怖い病気なのです。

というのも、症状が悪化してくると、歯肉の内部に炎症が進行してしまい、歯槽骨や歯根膜を破壊するため、歯で物を噛むという当たり前の行為ができなくなってしまうからです。

また、問題はそれだけではありません。

歯を支えている土台も破壊されてしまうため、歯そのものに問題(虫歯など)がなくとも、歯がポロポロと抜け落ちてしまったり、あるいは抜かなければならない状況に迫られることもあります。

歯肉炎は10代前半から徐々に進行しているケースもあるので、たとえ虫歯がなくとも定期的に歯科検診を受けたり、歯周病予防向けの歯磨き剤を使うなど、日頃から歯のメンテナンスを行うことが歯周病予防には効果的だと言われています。