実践!女性のための美容&美肌雑学
ヤクルトで便秘改善top
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

ヤクルトは便秘改善に適した食品か…?

ヤクルト製品に含まれる成分は便秘の改善に一役買っているらしいといった話はよく耳にしますが、ヤクルトのどの成分が便秘に対し、どんな働きをするのか・・・

そのあたりの知識や仕組みについては、正直なところ、あまりよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、ヤクルトは本当に便秘の改善に適した食品なのか、少し詳しく見ていくことにしましょう。
ヤクルト製品に含まれる主成分【乳酸菌】
一部の製品を除き、ヤクルトが販売している乳製品に欠かせない成分のひとつが〝ラクトバチルス・カゼイ・シロタ(LCS)株〟と呼ばれる菌株です。

※ ヤクルトが製造販売している乳製品の主成分であることから〝ヤクルト菌〟とも呼ばれています。

このLCSは、ヤクルトの創始者である代田稔氏が培養した乳酸菌の一種ですが、LCSが他の乳酸菌と少し異なる点は、生きたまま腸内に届く乳酸菌であると言う点です。

というのも、乳酸菌(糖を分解して乳酸を作る菌の総称で、細かく分類すると数多くの種類(菌株)があります)の多くは酸に弱く、腸に到達する前に通る胃や十二指腸などで分泌される消化液によって死滅してしまいますが、LCSは殺菌力に強く消化液にも耐えうる菌株なので、胃液や胆汁などで死滅することなく生きたまま腸に届くからです。

ヤクルト飲料乳酸菌の一種であるこのLCSは、主に小腸で活動しますが、生きたまま腸に到達したLCSは、腸内を弱酸性に保ち、体内に有害な物質を作ったり、腸の働き(蠕動運動)を弱める悪玉菌が住みづらい環境を作り出す役割を担っています(つまり、腸内環境を整える)。

※ ただし、生きたまま腸に届かない乳酸菌であっても、その溶液が腸内に到達することによって、腸内環境を整えバランスを保つ手助けをしています。

そのため、ヤクルトを飲むと腸内のバランスが良くなるため、結果的に便秘の改善に一役買っている・・・と言うことになるわけです。
乳酸菌飲料の落とし穴

腸内で活動する乳酸菌は年齢と共に減っていきますが、たとえヤクルトを飲んで乳酸菌を取り込んでも、いずれは便として体外に排出されてしまうので、食べるのを止めてしまうと、時間の経過とともに元に戻ってしまいます。また、ヤクルトが販売している乳酸菌飲料は、腸内環境を整える菌株が多く含まれていますが、糖分の多い乳製品も多いので、取り過ぎにも注意が必要です。

※ 乳酸菌の一日の摂取量は菌株にして概ね100~200億個で十分だとか…(つまり、ヤクルト(65ml)1本相当)。
ヤクルト製品に含まれる主成分【ビフィズス菌】
ヤクルトが販売している製品には、LCSを主成分とした乳製品のほかにもうひとつ、独自のビフィズス菌(B.ブレーベ・ヤクルト株/B.ビフィダム BF-1株)を主成分としたヤクルト食品があります。

このビフィズス菌も広い意味ではLCSと同じく乳酸菌の仲間ですが、活動場所が主に大腸であること、また乳酸のほかに酢酸なども作り出すという点で、乳酸菌とは少し異なった特徴をもっているようです。

さて、ヤクルトに含まれる独自のビフィズス菌は、主に大腸で活動しますが、これらの菌株もLCSと同様、消化液(胃酸や胆汁など)に強いため、生きたまま腸内に届くことになります。

先にも説明したとおり、ビフィズス菌は主に大腸で活動しますが、便を形成(便の硬さを調整するなど)し、直腸まで運ぶ(簡単に言ってしまえば、芋虫のような動きを繰り返すことで肛門に向かって移動)大切な働きを担っているのが、この大腸です。

ヤクルト:ミルミルつまり、大腸の働きが弱いと排便がうまくいかず便秘になってしまう恐れがあるのですが、この大腸の働きを助ける善玉菌がビフィズス菌なのです。

ビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸が大腸内を酸性に保つことで、腸の働きを妨げている悪玉菌の済みにくい環境を作り上げます。

すると、腸の働きが活発化し、便の硬さを調節しながら移動をスムーズに行い排便を促すため、ヤクルトに含まれているビフィズス菌も乳酸菌と同様、便秘の改善に一役買っているというわけです。



豆知識:ヤクルトが販売する錠剤タイプの整腸剤とは?

ヤクルト食品と言えばドリンクタイプの「ヤクルト」シリーズや「ジョア」が有名ですが、実は錠剤タイプの整腸剤も販売されており、その代表的な商品が「ヤクルトBL整腸薬」です。

このヤクルトBL整腸薬には、ヤクルト独自の菌株であるカゼイ菌やビフィズス菌のほか、消化管の機能を整える塩化カルニチンが配合されています。

ヤクルトBL整腸薬は小児(5歳以上)からお年寄りまで幅広く服用できる整腸剤なので、便秘や軟便等で困っている方は試してみるのも一法かもしれません。