実践!女性のための美容&美肌雑学
ラブレ菌と便秘top
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他

コレだけは押える!ラブレ菌で便秘改善 !? の基礎知識

乳酸菌やビフィズス菌が便秘の改善に一役買っているという漠然とした知識くらいは、皆さんもお持ちかと思われますが、近年、ラブレ菌と呼ばれる乳酸菌の一種が日本人研究者によって発見され、その働きが今注目されています。

特にラブレ菌は日本人向けの乳酸菌であるとも言われており、便秘の改善にも役立つ成分として、ここ最近、ラブレ菌を配合したドリンクやサプリメントを取り扱う業者も増えているようです。

しかし、ラブレ菌は本当に便秘の改善に適した成分なのでしょうか・・・?

そこで、ラブレ菌が他の乳酸菌とは、どのような点で異なり、便秘者の体内でどんな働きをするのか、 まずはそのあたりの知識や仕組みについて理解を深めておく必要がありそうです。
ラブレ菌とは…
便秘によいとされるラブレ菌が発見されたのは、1993年のことです。

正式名称は「Lactobacillus(ラクトバチルス)brevis(ブレービス)subspecies(サブスピーシズ)coagulans(コアグランス)」と言いますが、このラブレ菌を発見した人物は、冒頭でも触れたように日本人(岸田綱太郎:博士)です。

岸田氏は、このラブレ菌を〝すぐき漬け(京都名物)〟という古漬けの中から発見しましたが、この菌が他の一般的によく知られている乳酸菌と大きく異なる点は〝植物性乳酸菌〟であるという点です。
動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違い
あまり知られていませんが、乳酸菌(糖を分解して乳酸を作る菌の総称で、細かく分類すると数多くの種類(菌株)があります)は大きく2つ〝動物性乳酸菌〟と〝植物性乳酸菌〟に分けることができます。

皆さんがよく耳にするチーズやヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳酸菌とは、実は前者の動物性乳酸菌に属し、後者の植物性乳酸菌は、主に穀物や野菜を発酵させて作る漬物などの食品に多く含まれると考えられています。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の主な違いについては、右記表に示したとおりですが、植物性乳酸菌は、栄養源となる糖が多岐に渡るため、動物性乳酸菌に比べ、非常に生命力の強い乳酸菌であり、生きたまま腸に届きやすいようです。
動物性乳酸菌 植物性乳酸菌
生殖場所 牛の乳(ミルク)などの動物性素材 野菜や穀物などの植物性素材
栄養源となる糖 乳糖 ブドウ糖・果糖・ショ糖・麦芽糖 …などの糖類
主な食品 チーズ、ヨーグルト …など すぐき漬け、しば漬け、キムチ、味噌 …など
乳酸菌は生きたまま腸に到達した方が、免疫力アップなどの効果が高いと言われていますが、私たちがよく口にするヨーグルトやチーズのような発酵食品に含まれる動物性乳酸菌の多くは、腸に届く前の消化液(胃酸や胆汁など)によって死滅(ただし、一部の乳酸菌を除く)してしまうため、その点において、植物性乳酸菌は優れているとも言われています。

また、植物性乳酸菌が特に日本人の体質に合った乳酸菌であると言われる所以は、以下のような理由からです。
チェック日本人は欧米人などに比べ乳糖を分解する腸内酵素が少ない!

チェック日本人の食文化は古来より動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌との関わりが深い!※ 野菜などの食物繊維豊富な食材を中心とした日本人の腸は欧米人に比べ長く、植物性の食物に適した作り(消化されにくい食物線維は時間をかけて消化する必要があるため、日本人の腸は欧米人よりも長いとされています)になっている。
ラブレ菌が便秘改善に効果があるとされる理由
ラブレ菌という乳酸菌の一種が便秘に良いと言われているのは、この菌が生きたまま腸内に到達する点にあると考えられているからですが、そのあたりの仕組みをもう少し分かりやすく説明しておきましょう。
ラブレ菌の働き
先にもお話しした通り、乳酸菌の多くは酸に弱く、腸に到達する前に通過する胃や十二指腸などで分泌される消化液(胃酸や胆汁)によって死滅してしまいますが、ラブレ菌は植物性乳酸菌の中でも特に生命力の強い菌であると考えられており、様々な消化液にさらされても死滅することなく生きたまま腸に到達します。

すると、生きたまま腸に送られたラブレ菌は、腸内を酸性に保ち、体内に有害な物質を作ったり、腸の働きを弱める悪玉菌が住みづらい環境を作り出す手助けをするため、結果、腸内環境を整え、腸管の蠕動運動を促すことにより便秘が改善すると考えられているのです。

※ 腸内で形成される便は、腸管の正常な蠕動運動(要は芋虫のような動きの繰り返し)が行われることで肛門に向かってスムーズに移動します。また、便秘にならないためには、形成された便に適度な水分が必要ですが、この水分バランスも腸内環境が悪化しているとうまく働きません。



実践!便秘ケア:ラブレ菌配合 定番の乳酸飲料とサプリメント

便秘によいとされるラブレ菌は、すぐき漬けをはじめとした特に酸味の強い古漬けに多く含まれると考えられていることから、健康面を考慮すると、あまり多量に摂取(塩分の取り過ぎ)するわけにも行きません。

しかし、ラブレ菌は便秘の改善に加え、腸内の免疫力を高める様々な作用があることが徐々に解ってきたため、特に健康食品を取り扱う企業を中心に熱い視線を集めているようです。

そのため、最近はラブレ菌を効率よく体内に取り込めるような健康食品も増えています。

そこで、ラブレ菌配合の主な健康食品をいくつか紹介しておくので、興味のある方は参考にしてみてください。

主なラブレ菌配合食品
ラブレ菌配合の健康食品は大きく分けると〝ドリンク(ヨーグルトを含む)タイプ〟と〝サプリメントタイプ〟に分けることができますが、植物性乳酸菌の中でも特にラブレ菌に注目している会社がカゴメ(株)です。

カゴメは様々なタイプのラブレ菌配合食品を製造・販売していますが、そのひとつがドリンクタイプの「植物性乳酸菌ラブレ」です。

外見は、ヤクルトのような乳酸菌飲料にも見えますが、ヤクルトのような濃い味を期待していると肩透かしを食らいます(個人的に実際に試飲してみたところ、カゴメが謳っている〝爽やかな味〟かどうかは別として、ヤクルトを薄めたような、あっさりとした口当たりといった感じで、それほど抵抗はありませんでした)。

プレーンタイプの味が苦手な方は、フルーツテイストのラブレ菌ドリンクなども販売されているようなので、一度、コチラの方を試飲してみてはいかがでしょう。

なお、乳酸飲料自体が苦手な方は「インターフェルミンラブレ」【販売元:リブ・ラボラトリーズ】のようなサプリメントタイプの健康食品を利用することで抵抗なくラブレ菌を摂取することが可能なので、自分の便秘が改善するかどうか試してみるのも一法かもしれません。