実践!女性のための美容&美肌雑学
トランシーノの副作用top
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他
肝斑(かんぱん)には、第一三共ヘルスケアの『トランシーノ』がいいらしい・・・

といった口コミが徐々に広まる一方で、副作用がでたから服用するのをやめた!といった体験談もあり、これから『トランシーノ』を試してみようかと考えている人にとっては、少なからず気になるところかと思われます。

『トランシーノ』は、数あるシミの種類の中でも、肝斑のみの改善を目的としたはじめての市販薬なので、もしあなたの顔に現れたシミが肝斑だとすれば、他のシミケア商品よりも改善効果が期待できますが、医薬品である以上、次のようなリスク(副作用)があるということも肝に銘じておく必要がありそうです。

※ 2014年3月にリニューアル発売された『トランシーノⅡ』は、1日の服用回数(1日3回→1日2回)が減っています。

『トランシーノ』副作用の基礎知識

第一三共ヘルスケアから発売された『トランシーノ』は、肝斑の改善を目的とした一般用医薬品ですが、その成分表を見てみると、次のようなものが含まれています。

※ 医師による処方箋を必要とせずに購入することができる医薬品のこと。

中でも注目すべきは〝トラネキサム酸〟です。

これまでトラネキサム酸を主成分とした『トランサミン』は、医師による処方箋を必要する医療用医薬品として扱われてきましたが、その主成分をシミ改善成分として配合した市販薬が『トランシーノ』です。

そのため、『トランシーノ』を服用した場合は、主成分であるトラネキサム酸による副作用が考えられますが、具体的には主に次のような症状が挙げられます。
1日量中に含まれる成分
成分 含有
トラネキサム酸 750mg
L-システイン 240mg
アスコルビン酸(ビタミンC) 300mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 6mg
パントテン酸カルシウム 24mg
主な副作用

●皮膚 …… 発疹、かゆみ
●消化器 … 悪心・嘔吐、腹痛、食欲不振、胸やけ
●下痢
『トランシーノ』による生理への影響
『トランシーノ』を服用したことによる副作用のひとつとして、比較的、目立った口コミが〝生理〟に関するものです。

主に下記のような症状を訴えるケースが多いようですが、公式HPでは『トランシーノ』による生理の影響について、次のように答えています。
生理に関する主な口コミ
チェック生理が止まって(遅れて)しまった...
チェック腹痛が始まった...
チェック生理痛が、いつもよりひどくなった...等
Q:女性ホルモンに影響を与えますか。

A:トランシーノはホルモン剤ではございませんので、トランシーノの成分で女性ホルモンに影響を与えるとの報告はありません。

Q:生理の周期が乱れたような気がします。関係ありますか。

A:トランシーノの成分で女性ホルモンに影響を与えるとの報告はありません。生理の周期には影響を与えないと考えられます。トラネキサム酸により、月経の血量がやや減少するとの報告がありますが、著明な減少・無月経は報告されていません。経血量の大きな変動などがありましたら、医師または薬剤師にご相談ください。

Q:トランシーノを飲んだら、生理が重くなったように感じるのだけれど。

A:「肝斑」は、女性ホルモンバランスの乱れが原因といわれていますが、トランシーノの作用は、直接女性ホルモンに働きかけて肝斑を改善するものではありません。また、トランシーノに配合されているトラネキサム酸には止血効果もありますが、それ自体に血液を固める作用はなく、固まった血栓を安定化させる作用です。以上のことから、生理(月経周期)への影響はないと考えられています。ただし、経血量の大きな変動などが見られるようなことがあった場合は、医師、または薬剤師にご相談ください。

【トランシーノ FAQ よくある質問より一部抜粋】
以上のように、発売元である第一三共ヘルスケアは、生理への影響(副作用)はないと説明していますが、『トランシーノ』を服用した女性の中には、生理への異変を感じたという口コミも決して少なくはありません。

もちろん、『トランシーノ』の副作用とは関係のない症状の場合も考えらえますが、このような異変を感じたという人がいる以上、服用中に何かしらの体調不良や違和感を感じた方は服用をやめ、今後も服用し続けるかしないかは、医師と相談の上、判断した方が良さそうです。




無用な副作用を回避するために欠かせない『トランシーノ』の注意点

トランシーノ』は、医師による処方箋を必要としないスイッチOTC薬(下記:豆知識参考)ですが、医薬品である以上、安全性が高いとはいえ、服用者は副作用というリスクと常に背中合わせであるということも肝に銘じておかなければなりません。

そこで、無用な副作用を回避するためにも、服用前に自分が服用しても問題ない体質であるかどうかの確認を必ずしてください。

商品の詳しい説明については、近隣の薬局薬店やドラッグストアに常駐している薬剤師さんから受けることができますが、参考までに『トランシーノ』が服用できない、あるいは服用前に医師(薬剤師)に相談が必要とされる主なケースをいくつか列挙しておきます。
『トランシーノ』服用前の主な確認事項

① 次の事項に該当する方は服用しないでください。

トラネキサム酸を含有する内服薬を服用している人

② 次の事項に該当する方は、服用前に医師または薬剤師に相談してください。

(1) 医師又は歯科医師の治療を受けている人
(2) 授乳中の人
(3) 55歳以上の人
(4) 本人又は家族がアレルギー体質の人
(5) 血栓症のある人(脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎、肺塞栓症等)
(6) 血栓症を起こすおそれのある人(以前に血栓症にかかったことがある人、家族が血栓症を起こした人、医師から先天性の凝固異常症を指摘されたことがある人、経口避妊薬・ホルモン補充療法などの血栓症を起こすおそれのある薬を服用している人)
(7) 腎臓病の診断を受けた人
なお、服用に何の問題のなかった方であっても、次のような事項には注意が必要です。
『トランシーノ』服用中の主な注意点

① 用法・容量を必ず守ること!
 成人(15歳以上)1回服用量2錠、1日服用回数2回※15歳未満は服用してはいけない。

②2ヵ月間を超えて服用しないこと!

②服用後、次の症状が現れた場合は直ちに服用を中止し、医師(薬剤師)に相談すること!

発疹、かゆみ、悪心・嘔吐、腹痛、食欲不振、胸やけ、下痢(継続又は増強)状


豆知識:スイッチOTC薬ってなに !?

いままで医療機関でしか処方が認められていなかった医療用医薬品のうち、近隣のドラッグストア等で購入できるようになった医薬品を〝スイッチOTC(Over The Counterの略)〟薬と呼びます。

スイッチOTC薬として販売が許可されている医薬品は、副作用が少なく、安全性の高いものに限られますが、医療の現場で実際に使われている効果の高い薬が市販薬にも配合されているので高い治療効果が期待できます。

ただし、スイッチOTC薬は、治療効果が高い分、副作用等のリスクも高くなる傾向にある(医療用医薬品の中では副作用が少なくとも、他の市販薬に比べると副作用等のリスクは高くなります)ので、使用の際には細心の注意が必要です。

ちなみに、第一三共ヘルスケアが発売した肝斑改善薬『トランシーノ』も、このスイッチOTC薬にあたります。