実践!女性のための美容&美肌雑学
ホクロのレーザー治療top
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他
これまでのホクロ治療といえば、メスを使った外科手術が一般的でしたが、最近は医学の進歩により、レーザー光線を使ったレーザー治療も可能になりました。

そのため、ホクロの状態によって、より最適な治療方法が選択できるようになったことは、ホクロ除去を希望する人にとって喜ばしいことです。

しかし、患部の皮膚を直接切り取ってしまう外科手術なら、まだなんとなくその仕組みは理解できるものの、レーザー光線を使ってホクロを取るとなると、いまいちイメージできないという方もきっと多いのではないでしょうか。

そこで、なぜレーザー治療でホクロが取れるのか、まずはその仕組みについて、ある程度理解しておくことが大切です。




コレだけは押える!ホクロのレーザー治療【仕組み編】

ホクロ除去に使用される医療用レーザーは、なにも1種類とは限りません。

近年は取りたいホクロの状態に合わせて、最適なレーザーを使い分けている医療機関も増えているようですが、その主なレーザー機器の種類を挙げると次のとおりです。
ホクロ治療に使用される主な医療用レーザー
CO2(炭酸ガス)レーザー Qスイッチルビーレーザー QスイッチYAGレーザー Qスイッチアレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー
これらのレーザー機器が、ホクロに対してどのように作用するのか、その仕組みについての話に入る前に、ホクロとはいったいなんなのかについて押えておくと、レーザー治療の仕組みがより理解しやすくなるので、まずはホクロとは何なのかについて説明しておきましょう。
ホクロとは何か…
そもそも、ホクロとはメラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)が、表皮と真皮の境界部で、何らかの原因によって異常増殖した〝母斑細胞〟と呼ばれる細胞のことです。

ホクロが黒色や褐色に見えるのは、このメラニン色素が集まっているためですが、ホクロは母斑細胞が増殖した深さによって、大きく3タイプ「境界型」「複合型」「真皮内型」に分類することができるというところまで、とりあえず押さえておいてください。

※ 真皮層のような深い部分で増殖すると、より青みがかって見えます【蒙古斑】。
ホクロの種類
さて、一度できてしまったホクロは、自然に消えてなくなることはないため、気になるホクロを除去するには、ホクロの元になっている皮膚組織を直接切除するか、黒っぽく見える色素細胞を破壊するなどの物理的処置が必要になってきます。

そこで、使用するのがレーザーです。
CO2(炭酸ガス)レーザー
医療機関でホクロ除去に比較的よく使用されているレーザーのひとつが〝CO2(炭酸ガス)レーザー〟です。

CO2レーザーには水に吸収されやすいといった特性があるため、患部に照射することで、皮膚に含まれる水分と一緒にホクロ組織をレーザー光で蒸散させながらホクロを取り去っていきます。

もう少し分かりやすく説明すると、要はレーザー光線で患部の皮膚組織を少しずつえぐり(削り)取っていくようなものです。

したがって、レーザー光のエネルギーが強すぎる(無理して深く広く除去した場合など)と、皮膚の窪みが目立ってしまい、逆に弱すぎても、ホクロをうまく除去することができない(つまり再発率が高い)といったことが起こりうるため、治療を行う医師の経験や技量に左右されることも少なくありません。
メラニン色素に反応するレーザー
ホクロ細胞は皮膚の奥深くに達しているケースも多いため、CO2レーザーで完全に治療しようとすると、皮膚に窪みができ、穴のような傷跡が残ってしまうおそれがあります。

そこで、CO2レーザーに代えて使用するのが、QスイッチルビーレーザーやYAGレーザー、アレキサンドライトレーザーといった種類の機器です。

これらのレーザーは、CO2レーザーとは違い、皮膚の中にあるメラニン色素に対してのみ反応するといった特性があります。

したがって、周辺の正常な皮膚組織へのダメージを極力抑えながら、ホクロの元になっているメラニン色素だけを破壊することができるため、最近は、まず最初にCO2レーザーを使って一定の範囲まで照射し、その後、メラニン色素だけに反応するレーザーを使って取り残した色素を破壊していく2段階方式によるレーザー治療を行っているクリニックが増えています。



コレだけは押える!ホクロのレーザー治療【リスク編】

皮膚を直接切り取る外科手術とは違って、ホクロのレーザー治療には次のような利点が挙げられますが、レーザー治療ならではのリスクやデメリットがないわけではありません。
メリット①:1回の治療時間が短い!
メリット②:傷跡が小さい!
メリット③:メスを使うことが難しい部位のほくろにも有効!
特にレーザー治療では、照射と同時にホクロ組織を焼いてしまうため、病理検査ができないといった問題点が挙げられます。

これのどこが問題かというと、悪性黒色腫(メラノーマ)と呼ばれる皮膚がんの一種と、人体に無害なホクロの見極めが、目視では判断できないことがあるためです。

メラノーマ画像この悪性黒色腫は、非常にたちが悪く、そのまま放置していると、症状によっては命に関わってくるほど悪性度が高いため、何かしらの治療が必要になってきます。

そのため、除去したいホクロに悪性の疑いがあると、病理検査が行えないレーザー治療は選択できないため、この場合は切除手術が選択されることになります。

一般的に足裏や手の平にできたホクロは悪性化しやすいといった意見もありますが、ホクロが急激に大きくなってきた、中央にしこりのようなものが感じられるなどの異常が見られた場合は、早めに一度、専門医に見てもらうようにしましょう。
レーザー治療の主なデメリット
チェック照射後、1週間~10日程度はシミになりやすいため、直射日光には十分気を付けなければならない…
チェックなるべく傷跡が残らないよう、ギリギリの深さでレーザーを照射するため、切除手術に比べると再発率は高い…
チェック一度きりの照射では取りきれないものもある…


豆知識:市販のホクロ隠しグッズとは?

衣類等で隠すことのできない他人の目に晒される顔にできたホクロは、その大きさや数、部位によってはコンプレックスに感じてしまう方も多いようです。

しかし、医療機関で受けるホクロ除去治療は、場所が場所だけに、もし仮に失敗して大きな傷跡が残ってしまったらどうしようといった不安やリスクが付きまとうため、なかなか踏み切れないというのが本音ではないでしょうか。

そんな中、最近、注目されているのが、市販のホクロ隠しグッズです。

ファンデーションやコンシーラーなどのカバー力を利用して、完全とまではいかないものの、ある程度ホクロを目立たせなくすることは可能なようです。

医療機関で治療してまで除去する勇気はないという方は、一度、この手の商品を試してみてはいかがでしょうか。