実践!女性のための美容&美肌雑学
タトゥー除去とレーザー治療top
Topたるみシミ・シワ・肌荒れ脂肪・セルライト
黒ずみあざ・ほくろ便秘その他
近年、タトゥー除去する方法のひとつとして、レーザー治療を勧めるクリニックも増えていますが、治療後の効果をめぐって病院と患者との間でトラブルになるケースもあるようです。

医療技術の進歩により、レーザーを用いてタトゥーを除去することが可能になったとは言われていますが、実はどんなタトゥーにも効果があるとは限りません。

つまり、レーザー治療に適したタトゥーと、そうでないタトゥーとがあるということです。

その点を十分に理解(納得)した上で治療に臨まないと、費用ばかり掛かって、除去効果はほとんど感じられなかった・・・という事態にもなりかねないので、タトゥー除去におけるレーザー治療の基礎知識について少しまとめておきます。

タトゥー除去の基礎知識【レーザー治療の仕組みと効果】

レーザーによってタトゥー除去を行う場合は、使用するレーザーの種類によって〝照射〟と〝切削〟に分けることができますが、一般的には、レーザー照射による治療を第一選択と考えるクリニックが多いようです。

そこで、レーザー照射による治療とはどのようなものなのか、その仕組みや特徴について触れておきます。
レーザー治療でタトゥーが消える仕組み
皮膚の上からレーザーを照射するだけで、なぜタトゥーが除去できるのか、その仕組みについて簡単に説明しておきましょう。

レーザーとは自然界には存在しない人工的に作り出された光の一種ですが、このレーザー光には、特定の色(色素)にのみ反応(吸収)するといった性質があります。

そこで、タトゥー除去のレーザー治療では、この性質をうまく利用するわけですが、その仕組みはこうです。

通常、タトゥーを入れる際は、針を皮膚に刺し、皮膚の下に色素を定着させる事で色を入れていきますが、例えば墨の染料を入れた場合、この染料(黒)に反応するレーザー光を選んでレーザー照射することで、墨の染料だけを破壊することができます。

つまり、非常に高いエネルギーをもっているレーザー光が、墨の色に吸収されることによって、瞬間的に熱が発生するわけです。

YAGレーザー画像すると、熱をもった対象物は破壊され粉砕されますが、この粉々になった染料は焼け焦げたゴミとして、体内の不要物を掃除するリンパ系の細胞内に取り込まれて体外へ排除されたり、皮膚のターンオーバーにより、残った染料が新しい皮膚と置き換わる過程において徐々に薄くなっていくという仕組みです。

このように、特定の色にのみ反応するレーザー光の特徴を利用した除去法はメスを使わないため、切除法に比べると皮膚へのダメージが少なく、メスによる傷跡が残らないというのが一番のメリットですが、どんなタイプのタトゥーでも綺麗に消せるかというと、残念ながらそううまくはいきません。

したがって、レーザー治療による除去法は、タトゥーの痕跡を綺麗に消し去るというよりも、タトゥーの痕を薄くするための治療法と理解しておいた方がよいのですが、その理由については次項で説明します。



レーザー治療が難しいタトゥーとは…?

肌への負担が少なく、メスによる傷跡が残らないタトゥー除去法として、近年はレーザー治療を第一選択と考えるクリニックも増えているようですが、残念ながら万能の治療法というわけではありません。

先にも説明したとおり、特定の色にのみ反応する種類のレーザー光を選択して染料を破壊していけば、タトゥーを消すことは簡単のようにも思えますが、実はレーザー光に反応しにくい色というのもあるようです。

特に黄色オレンジ肌色などの染料を使ったタトゥーは除去が難しく、複数回(10~回程度)照射しても、満足のいく結果が得られにくいと言われています。

※ 治療は複雑になるものの、レーザー光の種類と波長を適切に調節すれば、マルチカラーのタトゥーであっても対応できると主張しているクリニックもあるようですが…

そのため、レーザー治療による除去効果が期待できるのは、基本的に単色(それも黒色)のタトゥーであり、マルチカラーのタトゥーを綺麗に消すことを希望している者は、はじめから皮膚切除を選択した方がよいという意見も少なくありません。

また、たとえ黒一色のタトゥーであっても、色が濃かったり、深さが均一でない、あるいは染料が皮膚組織の深部にまで達しているといった場合には、治療効果が出にくいことがあるということも肝に銘じておくべきです。

基本的にレーザー治療はタトゥーを綺麗に消すというよりも、あくまで色を薄くして目立たなくさせるための行為なので、その点を十分理解した上で、治療に臨むことが大切です。

したがって、はじめからタトゥーの痕跡を綺麗に無くすことが希望であるならば、メスによる傷跡は覚悟してでも、皮膚切除を選択すべきかもしれません。
レーザー治療の主なメリット&デメリット
チェックタトゥーの痕跡を跡形もなく綺麗に消し去ることはできない…
チェック基本的に黒一色以外のタトゥーには適さない…
チェック出力設定や治療間隔を考慮せずに治療を続けると、皮膚にケロイドや肥厚性瘢痕といったトラブルが生じることも…
チェック1回の照射で満足のいく結果は得られにくく、期間を開けての複数回の治療が必要になるため治療期間が長い…
チェックタトゥーの染料(色素)は抜けても、染料に沿って周辺組織と異なる痕が残ることもある…

豆知識:タトゥーの痕跡を綺麗に消すには…

レーザー治療は、あくまでタトゥーを薄くし目立たなくするための治療法でしかないため、タトゥーの痕跡を完全に除去するには、患部の皮膚を直接切り取る皮膚切除しか方法はありません。

皮膚切除手術では、メスによる傷跡が残ってしまいますが、タトゥーを完全に除去することが出来るため、タトゥーを入れた過去があるということを絶対に知られたくないという方は、事故や怪我で残った傷跡としてごまかすことができる皮膚切除手術の方が適している場合もあります。
切除縫合

メスを使って患部の皮膚を切り取った後、皮膚を縫い合わせる方法。短時間、かつ確実に痕跡を消すことができるため、タトゥーを綺麗に無くしたい場合に有効。ただし、レーザー治療よりも皮膚に与える負担は大きく、術後のリスク(出血、痛み、感染症など)も大きい!

皮膚移植

タトゥーのない正常な皮膚(お尻や太ももなど)を切り取り移植する方法。切除縫合では対処できないようなサイズの大きなものに有効。痕跡を完全に消すことができるが、正常な皮膚を移植するため、正常な皮膚にも傷跡が残ってしまうのが難点…